愛子さまは先日の12月1日で15歳になられました。

現在は学習院に通われています。
9月から1か月半ほど学校を休まれていました。

不登校ではないかといわれていますがどのような原因なのでしょうか?

 

関連記事
愛子さまが激ヤセしてかわいい!別人に見えるほどで健康を心配する声も

愛子さまの不登校の原因とは

現在、学習院の中等科3年生ですが初等科の頃から不登校問題がありました。
これまでの経緯を確認していきます。

学習院初等科での不登校

初等科2年生のときに環境に悩み、一時不登校になってしまいます。
毎朝雅子様が付き添っての登校が約2年ほど続きました。

この時、宮内庁は「男子児童から乱暴行為を受けていた」と発表。
しかし、宮内庁発表の後に学習院側が行った記者会見と食い違う点があり、宮内庁が誤りを認めました。

その後、愛子さまはトラブルもなく初等科を過ごされたようです。

中等科1年生での不登校

中等科1年生のときにも不登校・不規則登校になりました。

環境の変化への適応に時間がかかり午後になって登校することもあったようです。
定期試験や苦手科目を欠席するなど不規則登校が続きました。

1年生の不登校は2年生になってから見られなくなり遅刻欠席はほとんどなくなりました。

中等科3年生 2016年9月26日からの不登校

宮内庁は不登校の原因を試験・宿題・運動会の練習などの疲れによるものと発表。
結局、練習していた10月1日の運動会も欠席されました。

10月14日の定例会見でもはっきりとした原因は語られませんでした。

担当の医師によると診察では特に問題はなし。

・病名はつかない
・ふらつきがある
・胃腸が弱っている
・1日中寝ているわけではなく教科書を読んだり読書や音楽鑑賞をしている
・自然治癒を目指して回復を待ち望んでいる

という内容でした。

記者からの質問で、精神的な要因があるのでは?との問いに、東宮大夫は「疲れ切って体力が戻らない悪循環のスパイラルになっている」と答えました。

2016年11月8日に登校

9月から不登校となっていた愛子さまが43日ぶりに登校されました。
11月9日は欠席されましたが、10、11日は午後から登校されています。

これからも不規則ながら登校されるようです。

まとめ

愛子さまは初等科のころや中等科の初めに環境になれず不登校になることがありました。
9月からの不登校はいじめや学校環境によるものではなく健康上の理由が原因のようです。

皇族だから「特別扱い」というわけでなく、世間一般でも環境になじめない子供や大人は大勢います。
無理をせずゆっくり休んで一日も早く健康になられることを願います。