11月24日に放送された得する人損する人で
堂島ロールの再現レシピが特集されました。

堂島ロールをよく食べている橋本まなみさんや
藤吉久美子さんも本物と区別がつかないほどの
完成度です。

一般家庭でも作れるようにスーパーで買える食材だけで
再現されています。

再現レシピ 食材

29㎝ 各天板1枚分
予算約500円

生地用
5個
牛乳 30㏄
はちみつ 10g
薄力粉 70g
グラニュー糖 50g
マヨネーズ 大さじ2
片栗粉 10g

 

クリーム用
動物性クリーム 210㏄
植物性クリーム 60㏄
牛乳 30㏄
グラニュー糖 50g
練乳 2-3滴

再現レシピ 生地の作り方

①卵黄と卵白を分ける

②卵白4個にグラニュー糖50gを入れて混ぜる。ツノが立つまで泡立てたら置いておく。

③黄身5個にグラニュー糖50g入れて卵黄が白っぽくなるまで混ぜる。
はちみつ10gと牛乳30㏄を入れる。
ここに生地をふっくらさせるためマヨネーズを入れる。

④薄力粉70gに片栗粉10gを入れる。きめを細かくするため3回ふるい卵黄と混ぜる。

⑤混ざったら卵白を投入。

生地のタネ完成

⑥クッキングシートを敷いた天板に流し込む。

⑦生地をしっとり焼くためスチームオーブンで焼く。

自宅にスチームオーブンがない場合は、100円ショップなどにある耐熱容器に水を入れて生地と一緒に入れる。

⑧180-190℃で9分焼く。

⑨取り出したら濡れふきんをかぶせて粗熱を取る。

マヨネーズを入れる理由
小麦粉を練ると発生するグルテンという硬いタンパク質が
生地をふくらみにくくさせる。
このグルテンは水と油が混ざると柔らかくなる。
お酢(水分)と油が混ざったマヨネーズを生地に入れると
ふんわり仕上がる。
これはホットケーキにも使える技です。

片栗粉を入れる理由
片栗粉は生地が硬くなるグルテンが発生しない。
片栗粉と小麦粉で軽い食感の生地になる。

再現レシピ クリームの作り方

①動物性210㏄と植物性60㏄を混ぜる。
2つのクリームをミックスすると口当たりがよくなる

練乳2-3摘を入れて混ぜる。ミルクの濃厚な味わいが出る。

仕上げ

①クッキングシートを敷いた上に粗熱をとった生地を置く。

②生地にクリームをたっぷり塗る。

②ロールケーキのように丸める。

③冷蔵庫で1時間寝かせる。

④仕上げにパウダー砂糖をまぶす。

まとめ

1本あたりの値段も安く名店の味に負けないくらいの再現度なので
一度味わってみたいですね。