爆報!THEフライデー11月25日放送回で
歌手のイルカさんが特集されます。

元シュリークスのだった神部和夫さんが
旦那さんでした。

神部和夫さんは難病である
パーキンソン病だったようです。

2007年3月21日に北海道旭川の病院にて
急性腎不全のため亡くなっています。

今回はイルカの旦那さんである
神部和夫さんのパーキンソン病と
出身地、生年月日について
調べました。

神部和夫とパーキンソン病

神部和夫さんは39歳のときに
パーキンソン病であるとの告知を
受けています。

約20年の間、難病と闘ってきました。

パーキンソン病とは主に手足が震えたり
動きが遅くなったりと運動に影響がでます。

悪化すると寝たきりになったり
臓器不全になる難病です。

震えが出るのを恥ずかしく思い
外出を控える日が続いていたようです。

外出先で薬が切れてしまい車で
事故を起こしてしまったこともあります。

一人で薬を飲むこともできずに
転んだまま起き上がれないことも
ありました。

神部和夫さんはシュリークスの
メンバーでしたが奥さんのイルカさんが
ソロデビューするときに音楽プロデューサー兼
マネージャーとして専念することにしました。

仕事のためご家族のために治療を
続けていましたが、現在の医療では
パーキンソン病の進行を遅らせることは
できても完治することはできません。

北海道旭川で調べるとパーキンソン病に
対する最先端の治療を受けられる病院が
あるようです。

おそらくその病院に入院されていたのでは
ないでしょうか。

奥さんのイルカさんは東京で仕事が終わった後
神部和夫さんがいる北海道へ看病しに
戻る生活を続けていました。

神部和夫の生年月日と出身地津山について

生年月日は1948年5月18日です。

1948年5月誕生日の芸能人
11日 泉谷しげる
15日 江夏豊

美空ひばりさんが
歌手デビューした月でもあります。

出身は岡山県津山市です。
神部和夫さんは幼稚園から
小学3年生まで過ごしました。

イルカさんは旦那さんの思い出の地である
津山を第二の故郷と語っていて
津山市政アドバイザーにも就任しています。

津山出身のミュージシャンには
稲葉浩志(B’z)がいます。

若年性パーキンソン病

一般的なパーキンソン病は
50歳以上で発症します。

40歳以下で発症する場合は
若年性パーキンソン病とと呼ばれます。

高齢者が発症するパーキンソン病とは
異なる特徴がみられます。

進行がゆっくりである
薬の効果が長く効くなど

海外では映画「バックトゥザフューチャー」で
有名なマイケル・J・フォックスさんも
若年性パーキンソン病を発症しています。

まとめ

神部和夫さんとイルカさんご夫婦は
お互いのことを支え合っていた
とてもいい夫婦でした。

パーキンソン病は高齢者だけの
病気ではありません。

今後の医療の発展によって
完治できるようになることを願います。

神部和夫さんのご冥福をお祈りいたします。