ハーフのような顔立ちの加藤泰平さんですが本当なのでしょうか。

中学、高校、大学の学歴もすばらしく英語も堪能です。

今回はハーフの検証と学歴に関して調べました。

加藤泰平のハーフ顔

加藤泰平さんの顔はほりが深く目鼻立ちがしっかりしています。

一見するとハーフのように思います。

しかし両親が外国人だという情報はありません。

加藤泰平父親の仕事の関係で3歳から8歳までイギリスに住んでいました。

はじめは全く英語も話せずわかったような顔をしてクラスメイトと溶け込んでいたようです。

このころの体験が、前へ出る打たれ強い性格を形成したみたいですね。

ただ顔が濃く押し出しの強い性格のためハーフに見られてしまうようです。

ハーフ顔エピソード

ハワイでの話。
ハワイのお土産屋さんの店員さんはみんな日本語がしゃべれるんです。
僕がお土産を選んでいると、後ろから店員さんが日本語で、
「いらっしゃいませー」と話しかけてきました。
しかし、僕の顔を見たその人は、
「oh, sorry! I thought you were Japanese!!(あら、ごめんなさい!日本人だと思っちゃいましたー)」と英語で言いました。
店員さんに「あなたローカル(ハワイ出身)?」と聞かれ、
首を横に振ると、
「あ、じゃあ(アメリカ)本土なのね。」と勝手に納得していました。
日本人であるとはとても言えませんでした。

引用 http://www.tv-asahi.co.jp/announcer/personal/men/katou/essay/10.html

日本人だけでなく海外の人からも間違われるようです。

加藤泰平の中学・高校・大学

出身中学と高校は共に桐朋でした。桐朋は中高一貫の私立で男子校です。桐朋高校は偏差値70超えの難関校。

8歳までイギリスにいたそうなので小学校で日本に戻ってから中学に進学したようです。

大学は早稲田大学第一文学部卒業しています。早稲田大学時代にサッカーサークル「稲穂キッカーズ」に所属していました。FWをつとめていたところからアグレッシブな性格で目立ちたがりだったのでしょう。

加藤泰平さんは高校大学と難関校を突破してテレビ局アナウンサーになったエリートですね。

[youtube id=”Ks1TnQEBoWM”]
【投票企画】竹内由恵アナが評価!加藤アナのきもの姿

加藤泰平の英語力

ハーフ顔で日本人の加藤泰平さんですが英語が得意なようです。

TOEIC920点と高得点を叩き出しています。

900点以上は全体の数パーセントしかおらず非常に珍しいです。

早稲田卒業ですから当然優秀ですね。

この語学力を生かして仕事ではサッカーやフィギュアスケートなどのスポーツ中継をしたり、プライベートでは海外旅行に頻繁に行っていました

幼少期をイギリスで過ごしたならこの英語力も納得ですね。

まとめ

帰国子女で英語ペラペラで顔が濃く身長172㎝目立ちたがり屋でサッカーもうまいときたら学生時代からとんでもなくモテていたでしょう。

経歴を見れば将来有望なアナウンサーであることは間違いありません。

今回文春から疑惑の記事が出てしまいまいた。

早速番組を降板されてしまいましたが、これからのキャリアがどうなるのか注目です。

おすすめ記事
加藤泰平に離婚の危機!嫁とのなれそめは?