たらこや明太子は子供達も大好きな食べ物です。

しかしながらたらこはアレルギーを引き起こすこともあるので正しい知識を持っていないと子供に食べさせるのは危険です。

また子供達の大好きなたらこパスタなども避けるべき料理なのでしょうか。

そこでこれらは何歳から食べることが推奨されているのか?気をつけるべきことなどについてまとめました。



スポンサーリンク

明太子やたらこのアレルギーについて、食べていい年齢は?

明太子やたらこは魚卵であり、幼い子供にとってはアレルギーの原因となる食品でもあります。

これらの食品でアレルギー反応が出た場合、皮膚のかゆみ、湿疹、かぶれ、目の充血、じんましんなどの症状が見られ、さらに思い場合は最悪の場合、死に至ることもあるアナフィラキシーショックを引き起こすこともあります。

そんなたらこ類を子供に食べさせるのは何歳からがよいかというと、一般的には2歳~3歳からと言われています。

なぜなら多くの食物アレルギーは3歳ぐらいまでに発症する確率は下がってくるとされているからです(個人差、例外的な食品もあります)。

しかしこの年齢になったからといって生のたらこや大量に食べるとなどはおすすめできません。

子供に食べさせる際は過熱して十分火を通した物で、特になれていない場合は少量ずつ食べて様子を見るようにしましょう。

また、明太子は唐辛子などが使用されていて刺激が強いため、最初は普通のたらこから食べるのがいいそうです。

また、このような年齢が推奨されているため離乳食などにするのはできる限り避けることが望ましいでしょう。

魚卵以外にも気をつけること、塩分、添加物アレルギー

食物アレルギーというと食品そのものについ目が向きがちですが、食品に含まれている塩分や添加物にも注意すべきです。

たらこは栄養素も豊富ですが、塩分や添加物も多く使用されています。

食品アレルギーの考えが進んでいるアメリカでは使用されている添加物は130種程度ですが、まだ、食品添加物への認識が広まっていない日本では1200種類も使用されているのです。

それらには着色剤、香料、甘味料、抗酸化剤、保存剤などがあり、食品を傷ませないようにするためなどに使用されています。

これらは添加物アレルギーを引き起こし、ぜんそくを誘発し、じんましん、下痢などの症状を発症することがあるのです。

これらはバター、チーズ、ケーキ、アイスクリーム、菓子類など子供達の好きな食べ物にも多く含まれているので注意した方がいいでしょう。

食品アレルギーばかりではなく添加物アレルギーについても目を向けるべきでしょう。



スポンサーリンク

たらこパスタは大丈夫?注意すべきこと

外食などに行くとたらこの入ったパスタなどを食べることもあります。

このレストランで提供されるたらこパスタは子供達に食べさせるのは安心なのでしょうか。

基本的には前記した、たらこを食べられる年齢になっていることや、以前に少量ずつ食べていて問題がなければ大丈夫です。

レストランのパスタは過熱調理後の物を加えている他にも、生のたらこを和えている時もあるようですが、このたらこも和える時の熱で火が通っているというケースがほとんどのようなので過剰に心配する必要はないようです。

しかしながら絶対的に安心ということはないので、外食先で食べるのが不安な場合は家で作るようにしたり、もしくは事前に病院で食物アレルギーの検査をしてもらっていると安心でしょう。

たらこは本来、非常に栄養豊富な食品

このように何かと心配なことも多いですが、たらこなどの魚卵は本来は非常に栄養豊富な食品でもあります。

明太子やたらこには非常に良質なたんぱく質も含まれていて、これは血液、筋肉、骨、髪、爪など子供の成長に欠かせない成分でもあるのです。

さらにタンパク質にはアミノ酸が含まれており、これは風邪やインフルエンザなどに対する免疫力を高めてくれる効果もあるのです。

アレルギーや添加物、塩分などは確かに気になる所ですが、全ての食品添加物を摂取しないのはなかなか難しいものです。

たらこは栄養豊富な反面、このように注意すべき部分がある物であると認識しておくことが大切でしょう。

まとめ

いかがでしたか?たらこや明太子には様々な気をつけるべき点がありましたね。本来は非常に栄養もあり、子供も大好きな食べ物ですから、上記の点などに注意してたらこを美味しく食してくださいね。

 

関連記事
そばは何歳から食べられる?初めて食べさせるときに気を付けること
刺身は何歳から食べられる?子供に食べさせるときの注意点!
生卵が食べられるのは何歳から?目安と注意点!ママさんの4つの体験談
えびは何歳から食べられる?甲殻類アレルギーに注意!



スポンサーリンク