食物アレルギーが引き起こされる食品には、私達になじみ深い料理のそばも含まれています。このアレルギーは大人でもなることもありますが、まだ、抗体や身体の器官が未熟な子供達はことさら発症しやすいのです。

そこで今回はそばをいったい何歳から食べ始めればいいのか?また、そばアレルギーにはどんな症状が見られるのか?など、そばに関するいろいろな疑問をまとめました。

そばアレルギーとは

このアレルギーはそばに含まれるそば粉を摂取することで引き起こされるものです。またそばの使われている麺だけでなく、そばのゆで汁やそばつゆ、そば茶、そば枕などでも症状が見られることがあるようです。

食物アレルギーには他にも卵や小麦など様々な食品がありますが、そばのアレルギーはその中でもアレルギー反応が非常に高く、症状を発症すると場合によっては重篤化することもあるので、特に気をつけなければいけないアレルギーの一つなのです。

症状が出た場合に見られる兆候としては、喉のかゆみ、咳、ぜんそく、嘔吐、下痢、口周辺の湿疹、呼吸困難などがあります。特にアナフィラキシーショックと呼ばれる拒絶反応を起こした時は最も危険です。最悪のケースでは死に至ることもあるのです。



スポンサーリンク

子供には何歳からそばを食べさせる?

上記のような面がありますから、そばを最初に食べさせる場合は慎重になった方がよいと言えます。では一体何歳からそばを食べていいのかというと、例えば乳児に食べさせる時期については、離乳食後期(生後10~11か月)ぐらいからにするべきであるとされています。ちなみに人によっては2~3歳の幼児になるまで待ってから与えるという親御さんもいらっしゃるようです。

このようにそばを食べさせる年齢については離乳食後期から、幼児期までと様々ですが、年齢面だけでなくそばの食べさせ方も気をつけておきたいものです。まずそばを最初に食べさせる時は、たくさんでなく少量だけあげるようにしましょう。一本のそばを小さく切って食べさせて、その後アレルギー反応がないか様子をみてもいいでしょう(通常アレルギーは数分~数時間以内に症状が出ます)。

また、初めて食べさせる時は、万が一、そばアレルギーを引き起こした際、すぐに病院に行ける日中にしましょう。さらに子供は消化器官が未熟なので、必ず柔らかくゆでたそばを食べさせましょう。他にも少量のそば湯を飲ませるなどの方法もあるようです。上記のような方法でそばアレルギーの症状が見られなければ、そばを食べても大丈夫ということなので、少しずつ食べるそばの量を増やしていくとよいでしょう。それでもそばを食べさせるのが怖いという親御さんは、小児科などに行ってそばアレルギーがあるかパッチテスト(皮膚でアレルギー反応を見る)をしてもらうこともできます。

子供がそばを食べたがる時には

年越しなどのイベントではそばを食べますが、家族みんながそばを食べているのに、自分だけ違うお料理だったりすると、泣いてしまう子供もいるようです。そんな時には思い切って年越しうどんにしてみてはいかがでしょうか。そばと同じくうどんも細く長いものですから、同じく縁起の良い物です。地域によっては年越しそばでなく、年越しうどんを食べる所もあるぐらいです。これなら子供も家族と同じ年越しの食事ができるので、楽しく過ごすことができるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?そばはアレルギーを引き起こす食品の中でもとりわけ気をつけなければならない面があるようです。そばについては時おり食べさせるようにして、子供が他の麺類(うどん)などが好きなようであれば、しばらくはそちらを中心に食べさせていってもよいかもしれません。焦らずにそばには馴れさせてあげるのが良いでしょう。

関連記事
生卵が食べられるのは何歳から?目安と注意点



スポンサーリンク