元プロ野球選手の種田仁が道交法違反で逮捕されました。
理由は無免許運転、速度超過です。

中日、横浜とプロ野球選手として活躍しましたが
その女性関係がかなり破天荒な方です。

元嫁の智美は不育症だった?

種田仁さんは2005年に
初めての結婚をしました。
元嫁はTOKYO FMのパーソナリティを
務めていた笹山智美さん。
恋のから騒ぎにも出演したことの
あるきれいな方です。

結婚はしたのですが二人は
ほとんど一緒に住んでいませんでした。
種田仁さんは女癖が悪く、横浜に
新築した家にも帰ったことがないほどです。
結婚してすぐに別の女性から
別れてほしいと電話がかかってきたそうです。

智美さんは不育症だったのでは
ないかと言われています。
これだけのストレスを抱えていたら
まともな生活は維持できないでしょう。
子供を産む前に2度流産してしまったようです。
2010年に離婚していますが
よく5年も耐えられたと思います。

二人の間には子供がいました。
2007年に男の子を出産しています。
離婚されていますが、状況からみて
親権は母親である智美さんにあると考えられます。

※不育症とは妊娠はできますが早産や流産を繰り返してしまう状態

再婚と愛人

種田仁は智美さんと離婚した後に再婚しています。
その再婚相手との間にも子供がいます。

そしてその再婚相手とはまた別に愛人がおり、
その愛人との間にも3人の子供がいます。

合計で3人の女性達との間に5人の子供がいることになります。

当時、楽天のコーチをしていた種田仁ですが
愛人と同棲していたため、奥さんは球団に
そのことを密告しました。

「種田は愛人とその子供たちと暮らしている」

この事件があり種田仁は楽天を退団しました。

結局、再婚相手とも離婚してしまい、
その愛人と一緒に住んでいたようです。

子供5人分の養育費や慰謝料を支払うために
内装業の営業をされていました。

これだけ女性を引き付ける魅力があるなら
営業も上手かったかもしれません。

しかし逮捕時、住所不定と報道されています。
一体どこに住んでいたのでしょうか。

まとめ

よくある芸能人の不倫がかすむほどの
破天荒ぶりです。

種田仁は生まれてくる国を間違えてますね。
一夫多妻制であればまだよかったと思います。
それでも家族を養う経済力は必要となりますが。

不倫や愛人など推奨しませんが
少子化対策として5分の1くらいは
このバイタリティーを見習うべきかもしれません。